今、XM口座開設で3000円 

XMの複数口座追加と口座間資金振替のやり方

この記事のざっくり解説:

  • XMの複数口座が8つまで持てる
  • 口座間での送金のやり取り
  • 口座間送金でボーナスはどうなるか
  • ボーナスが消滅(リセット)する条件

国内FX会社というのは基本的に口座を1名義で1口座しか保有できません。

しかし海外FX会社は複数保有できるのが当然であり、中でもXMは1名義あたり8つまで複数口座を保有することができます

用途別に使い分けることができるので、少しでも興味があれば口座開設して試してみてから判断しても遅くないですよ。

XMの口座開設はここをクリック

この記事では『XMの複数口座』『口座間での資金振替』『その注意点』について解説していきます。

 

審査不要!XM複数口座を作る方法【図解】

複数口座を作る際はXM口座開設をしていることを前提としています。まだ開設していない場合はXM口座開設をしておきましょう。

XM口座開設はここをクリック

マイページより

まず、XM会員ページからログインしてマイページに入ります。

画面上部にある『追加口座を開設する』をクリックします。

口座の通貨やレバレッジ、ボーナスを選択

すると新規口座開設時に入力した項目が出てきます。

とはいっても今回入力する項目は限られています。

  • 取引プラットフォーム「MT4」「MT5」
  • 口座タイプ「マイクロ」「スタンダート」「ZERO」
  • 口座の基本通貨「USD」「EUR」「JPY」
  • レバレッジ「1~888」
  • 口座ボーナス「はい」「いいえ」

入力項目は非常に少なくて簡単ですね。

プラットフォームはMT4に使い慣れている人も多いですが、最近メタクオーツ社がMT4サポート終了を順次発表しているので、そろそろMT5にしておいたほうがいいでしょう・

口座タイプは3タイプありますがハイレバトレードを好む人であれば「マイクロ」一択になります。スキャルをしたい人は「ZERO」が適していますがボーナスはもらえないことを知っておきましょう。

あわせて読みたい
XM口座タイプの比較表(マイクロ、スタンダート、ZERO)XMでは3つの口座種類が用意されている XMではトレーダーの資産状況や取引量に合わせて口座の種類を3つに分けています。 それ...

基本通貨はUSD、EUR、JPYがありますが、JPY口座を選択するのが無難です。日本にある資金はほぼ円でしょうし、bitwalletなどへ出金する際はJPY口座だけが対象になるためJPY口座が一番恵まれています。

あわせて読みたい
XM(XMTrading)へbitwalletで入金する解説【図解】XM口座は4つの入出金方法があります。 XM口座を開設し承認手続きを完了しましたら、クレジット/デビットカード入金、りそな銀行の国...

レバレッジも1倍から888倍まで選択できます。ハイレバレッジを好むのであれば888倍一択でしょう。ただ口座資産が口座残高が10万ドルを超えた場合、レバレッジは100倍に制限されることを知っておきましょう。

ボーナスは「はい」一択ですね。貰わないともったいないです。ただZERO口座の場合はボーナス対象から外れてしまうことを知っておきましょう。

あわせて読みたい
XMのボーナス最新まとめ!付与条件と消滅(リセット)条件 この記事のざっくり解説: XMの口座開設・入金ボーナスの解説 2段階の入金ボーナスの計算方法 口座開設・入...

ポイントをまとめておきましょう!

身分証明書類や住所証明書類の再提出は不要

すでに認証を済ませてあるため、書類の再提出は必要ないのです。

  • プラットフォームはサポートも考えてMT5
  • 口座タイプはマイクロ口座が無難
  • 通貨はJPY口座が一番恵まれている
  • レバレッジは自由に選択を
  • ボーナスは貰ったほうがお得

 

項目入力だけで完了

これだけで完了です。

予め口座の通貨やレバレッジなどを決めておけば1分もかかりません

マイページにて確認

マイページに戻って確認してみましょう。

下記のように一番下に口座が追加されていることが確認できます

非常に簡単なんですよね。

 

複数口座を持つメリット

なぜ複数口座を持つ必要があるのか?

ここからは複数口座を持つことでのメリットを解説します。

実際海外FXユーザーはほとんどが複数口座を持って使い分けしてますよ。

 

メリット1:用途別に使える

やはり大きな理由は別々の用途に利用することができます。

例えば次のような方法があります。

  • MT4とMT5に使い分ける
  • ハイレバ取引とスイング取引に分ける
  • 自分のトレード用とEAトレード用に分ける

よくある使用例は最初の2例ですね。

例えば管理人もMT4の口座とMT5の口座を両方保有しています。

まだまだ慣れ親しんだMT4を使い続けていますが、仮想通貨などはMT5しかトレードできないためMT5は仮想通貨トレード用として口座開設しました。

メタクオーツ社が古いバージョンのMT4サポートを終了することを発表していますし、MT5に少しずつ移行し始めています。

 

メリット2:ハイレバ0カット専用

また「ハイレバ口座」と「スイング口座」もわかりやすい用途ですね。

1つは10万円くらいしか入金せず、ボーナスを受け取ってハイレバレッジで限界レバレッジを掛けたトレード用として割り切って利用しています。

トレードに負ければ0カットされますが、大きく勝利すれば利益が数十万から100万円に達します。

買ったら余剰資金をスイング口座に移して、また10万円を残しての再勝負をかけたりしています。

なぜ出金せずにスイング口座に入れている理由としては、入金するのが面倒である点や国内FX会社では取引しにくい株価指数や商品先物も一緒にトレードできるからですね。

他にはスプレッドが狭くスキャルピングに向いているXMZERO口座も試したいというパターンも多く、ZERO口座を追加開設する方も多いです。

もちろん自動売買用にEAを稼働させる専用口座を開設する人もかなり増えてきています。最近一番多いのがEA稼働のための開設ですね。

メリット3:XMPを共有できる

XMでは複数口座を作れますが、口座残高やXMPは同一名義で管理されています。

そのためXMPはすべての口座で共有できるのです。取引がめっちゃ多いハイレバ口座でXMPを貯めて、それをスイング口座へ還元することもできますし、0カットされた後にXMPを交換して再スタートを取ることもできます。

あわせて読みたい
XMのボーナス最新まとめ!付与条件と消滅(リセット)条件 この記事のざっくり解説: XMの口座開設・入金ボーナスの解説 2段階の入金ボーナスの計算方法 口座開設・入...

 

 

複数口座間で資金振替をするやり方【図解】

ここからはXM口座開設をして、複数口座を開設済みであることを前提としています。まだ開設していない場合はXM口座開設をしておきましょう。

XM口座開設はここをクリック

 

マイページより資金振替を選択

XMの資金振替は簡単です。ほんの1分で完了します。

まずマイページにログインし、右上の『資産振替』を選択します。

あるいは資金が入っている口座のアクションから選択します。

『アクション』>プルダウンメニューの『資金振替』をクリックしましょう。

送金先と送金額を入力

すると現在ログインしている口座から『送金先の口座番号』『送金額』の入力フォームになります。

送金先の口座と送金する金額を入力したら『リクエスト送信』をクリックしましょう。

現在ログインしている口座番号がこの画面では表示されないのがわかりにくいので注意しましょう。

確認方法としては『入金口座ID』のプルダウンメニューにログイン中の口座番号は表示されないので、そこで確認できます。

 

確認画面なく完了

『リクエスト送信』をクリックすると即座に終了します。

確認画面が出ないのに注意しましょう。

 

残高が移動していることを確認

マイページに戻って「マイアカウントの概要」を確認しましょう。

10,000JPYの残高が移動し、それに合わせたクレジットが付与されています。

 

口座間資金振替の注意点

XMの口座間資金振替について知っておくべき点があります。

  1. 証拠金維持率が150%以下の時は振替できない
  2. 違う通貨での送金はできるが手数料がかかる
  3. 違う通貨での手数料はECBレートで0.3%
  4. 入金してもボーナスは増えない、移動するだけ
  5. ZERO口座・ボーナスなし口座へ送金するとボーナスは消滅

 

証拠金維持率が150%以下の時は振替できない

ポジションを持っていても資金移動はできます。

ただしマージンコールが迫っているレベルではできないようになっています。できるだけポジションはクローズしてから資金振替をしましょう。

 

違う通貨への資金振替は手数料がかかる

XMはUSD,EUR,JPYの通貨建て口座を開設できます。

資金振替の際に違う通貨建て口座への送金(例:JPY口座→USD口座)は可能です。

ただし送金時のECBレートに基づいた両替レートで、手数料0.3%が自動的に引き落とされます。

またXMが複数の通貨を用意しているのはトレーダーに取引してもらうためです。両替目的のために資金振替を多用しているとサポートから目的を聞かれたり、最悪口座を凍結される可能性もあります。

これはマネーロンダリング対策のためです。

 

資金振替はボーナスの対象外

XMは入金ボーナスを実施しており入金額の20~100%がボーナスクレジットとして口座に付与されます。

しかし資金振替をした場合はボーナスが追加で付与されることはありません

あくまで送金相当分のボーナスが送金元口座から差し引かれて、送金先口座に付与されるだけです。

そもそも資金振替は同一名義の口座の間で資金が移動しているだけですから、XMにとっては『入金』扱いではないんですよね。振替で増えるがあれば、それを繰り返すだけでボーナスが無限増加できちゃいます。

 

ボーナスなし口座へ送金するとボーナス消滅

 

資金振替においてボーナス適用口座から、それらのボーナスなし口座への送金も可能です。

ただし送金されるのは「資金」だけであり資金相当のボーナスは送金時点で消滅します

これはXMの仕様で、ZERO口座、及び口座開設時に「ボーナスを受け取らない」選択をした口座はボーナスが適用されないからです。

なお、一度消滅したボーナスはリセットしたり復活させたりすることはできません。詳しくはボーナス条件を解説した以下の記事へ。

あわせて読みたい
XMのボーナス最新まとめ!付与条件と消滅(リセット)条件 この記事のざっくり解説: XMの口座開設・入金ボーナスの解説 2段階の入金ボーナスの計算方法 口座開設・入...

 

複数口座での両建て行為は禁止

XMに限らず多くのFX会社では複数口座での両建て行為を禁止しています。

これが可能であれば、ハイレバ口座を2つ用意して、米雇用統計やFOMCなどのめっちゃ動く相場で両建てをすればどっちかは0カット、どっちかは勝てる戦法が可能になってしまうからですね。

ちなみにこの方法は別の海外FX業者を使ってもバレるそうです。

ただし、同一口座内での両建てはOKです。

 

まとめ:複数口座と資金振替で使い勝手よし

以上のようにXMの複数口座と資金振替について解説しました。

8つも複数口座が保有でき、様々な条件の口座を使い分けられるのはXMの特徴と言っていいでしょう。

管理人も複数口座を最大で7つ保有していた頃もありました。ただ使いきれずにいくつかは放置して凍結されてしまった経験もあります。

あわせて読みたい
XM口座の休眠・凍結条件と対応策を解説 この記事のざっくり解説: XM口座が休眠・凍結になっている場合があるよ 休眠・凍結状態ってどうしてなるの? ...

ただ凍結口座は閉鎖扱いなので、また新たに追加口座開設をすればよいだけなので追加口座をたくさん持っていてデメリットは殆どありません。

唯一気にするべきは、管理できる範囲で開設するべきことですね。

現在は、スイング口座、EA口座×3、ハイレバトレード(開設&閉鎖)の5つほどの利用に落ち着いています。

あまり必要なく沢山持っていても管理が面倒なだけですが、自分がいくつ口座が必要なのかは最初はわからないため使いながら用途を決めていくのが一番よいでしょう。

 

複数口座・口座間資金振替まとめ

複数口座について

  • 複数口座は1名義8口座まで保有可能
  • 追加口座開設は書類審査不要
  • 1分もかからずに追加口座開設できる

資金振替について

  • 条件なくいつでも資金振替可能
  • USD,EUR,JPY別通貨口座への資金振替可能
  • マイクロ・スタンダート・ZERO口座へ資金振替可能
  • ボーナスなし口座へ資金振替可能
  • 移動した資金相当分ボーナスも移動する

資金振替の注意点

  • 証拠金維持率が150%以下の時は振替できない
  • 違う通貨での送金はできるが手数料がかかる
  • 違う通貨での手数料はECBレートで0.3%
  • 違う通貨への過度な振替行為は問題行為
  • ZERO口座へ送金すると(送金相当分の)ボーナスは消滅
  • ボーナスなし口座へ送金すると(送金相当分の)ボーナスは消滅

複数口座での禁止行為

  • 複数口座利用して両建ては禁止(同一口座ならOK)

XMに少しでも興味があれば口座開設して試してみましょう。最初の口座開設ボーナス3,000円は入金不要でもらえます!

XMの口座開設はここをクリック

 

 

ABOUT ME
アバター
おくお
XMを利用していて億万長者になっています。現在も利益を狙っての生活を続けています。安定して勝ち続けるにはXM利用が一番!それが私の経験から出た結論です。
海外FX会社選びでXMが一番良いわけ

XMは海外FX会社でダントツの人気No1!

XMPや入金ボーナスも豪華です >>ボーナス情報

XMは少額資金で大きな利益を狙えるトレードをするのに最適な海外FX会社です。

たくさんのハイレバトレーダーがXMを利用しています。

詳細ページ公式ページ