今、XM口座開設で3000円 
XMでCFD取引

XMのCFD取引は日本国内業者の上位互換である

この記事のざっくり解説:

  • XMのCFDサービスの特徴説明
  • 日本国内業者のCFDは利用しにくい
  • XMでCFDを利用することのメリット
  • 逆にCFD取引で注意しなければいけない点
おくお
おくお
この記事ではXMでCFD取引をする魅力を解説します。

CFDとは日経225や原油先物、貴金属、仮想通貨など様々な指数をレバレッジをかけてトレードできる金融商品です。

もちろん、CFDは日本国内業者でも取引できることはできます。

しかし国内のFX会社は金融庁の規制によってFXとCFDを別々の口座に分けなければいけなくなっています。

したがってCFD取引をするにはわざわざ別々に口座を開設し、それぞれの口座へ資金を入金して別口座として取引しなければいけない煩わしさがあります。

これに対してXMではFXもCFDも1つの口座で取引することができます。

この記事では日本国内業者と比較してXMのCFD取引が非常に利用する価値があることを解説します。最後までおよみいただければ国内業者でCFD取引をしなくなるでしょう。

 

CFDについて基礎的説明

まずはCFDがどのようなものかを説明しましょう。

CFDとは差金決済取引

CFDとは”Contract For Difference”の略称です。日本語に直すとこれは差額決済取引を意味しています。

これは買った後に直接有価証券や商品などの現物を受け渡したり、買付代金を戻したりするような取引ではなく、反対売買で相殺させて完結させる差額(利益・損失)だけが出る取引です。

CFDには日経225などの株価指数だけでなく、原油などの商品、ゴールドなどの貴金属など取引商品が非常に多いことが知られていますね。

FXで取引される「為替」

これも厳密に言えばCFD取引なのです。

FXも直接為替を受け渡したりするのではなく、あくまで差額だけが発生する取引になっています。要は対象となる指数が”通貨ペア”になっている為替CFD取引なのですね。

 

CFDの取引の魅力

CFDの取引の魅力はなんといっても取扱銘柄が豊富な点と買い・売り両方からトレードできる点にあります。

日本にいると日本株と円がらみの通貨ペアくらいしか取引対象にできまぜんが、CFDを利用することで遠くの米国株の上昇を狙って買いを入れたり、原油の大暴落を狙って売りを狙えるなどチャンスが大幅に増えるのです。

特に米国株や原油といった商品はボラティリティが非常に高く、一旦暴落すると底なし沼のように一気に下がっていきます。

この”下げ”をハイレバレッジポジションで取ることができればわずか数万円の資産でも数百万円や1000万円という利益が現実的になります。

おくお
おくお
日本株を持っている時に米国株が大暴落した時、ダウ指数CFDを売ることでリスクヘッジすることができます。

また保有する銘柄が権利確定日をまたげば現物と同様に配当金を受け取ることもできますし、その権利日を狙って売りを仕掛けることもできます。

CFDのメリット

  • 日経・ダウ・原油など取引商品が幅広い
  • レバレッジをかけて少額資金で取引可能
  • 本来の取引時間以外にも取引可能
  • 買い/売り両方から狙える
  • 保有すれば配当金をもらえる

でもCFDは日本国内でも取引できますね。わざわざ海外業者であるXMを使う理由なんてないように思えるかもしれません。

おくお
おくお
それでは、XMを利用することでCFDをどう活かせるかを見ていきましょう

XMでCFDをやるメリット

XMが提供するCFDサービスを利用するメリットを、規制が激しい日本業者のCFDと比較してみていきましょう。

 

取扱種類は46種類

XMのCFDサービスでは非常に多くの種類が提供されています。

参考までに口座数国内業者No1のDMM.com証券の取扱銘柄はわずか7つです。激選されているという見方もできますが、多いほうが選択肢は増えることは明らかです。

 

全てのCFD・FXが一口座で取引可能

国内業者にも取扱銘柄数が多いところはあります。しかしそういった日本国内の業者は金融庁の規制によってFXとCFDを別々の口座(※)に分けなければいけなくなっています。

別々の口座ということは資金も別になります。例えばFX口座に100万円という大金が入っていればFXのポジションを持って、CFDの取引をする余裕もあるでしょう。

しかしCFD取引をするには下記のように一旦出金して、別口座のCFD口座へ入金し直さなければいけないのです。面倒です。アホらしい!

FX口座の資金でCFD取引をする場合(日本国内):

  1. FX口座から出金
  2. 一旦銀行、もしくはハブ口座へ着金
  3. CFD口座に改めて入金
  4. 着金後ようやく取引

※厳密にはFXとCFDの2つではなく、FX口座、株価指数CFD口座、債券CFD口座、商品CFD口座、個別株CFD口座、その他CFDの口座など5~6つに分けられなければいけません。

当然1つ1つに資金が必要であり、個別に入金が必要になります。

おくお
おくお
こんな仕様で誰が取引するんでしょうか?

これがXMの場合、FXもCFDも1つの口座で取引することが可能です。

しかもXMはレバレッジが高いのでFXでポジションを保有していても拘束される証拠金はごくわずかです。利便性が圧倒的に違います!

FX口座の資金でCFD取引をする場合(日本国内):
  1. 取引したい銘柄をそのまま取引

下図にようにFX、現物株価指数CFD、貴金属CFD、先物株価指数CFD、エネルギーCFD全てを1つの口座で全部取引できます。

国内業者よりレバレッジが高い

CFDもFXと同様にレバレッジをかけて取引できるため、少額の資金で大きな金額の取引をすることが可能です。そしてXMではレバレッジが非常に高いのです。

国内業者のCFDは金融庁の指導によってレバレッジ規制が入っており、また業者の方でもリスク管理のために高いレバレッジ設定がされておらず、10~20倍程度に抑えられています。

CFD対象 国内業者レバレッジ
FX 25倍
個別株CFD 5倍
株価指数CFD 10倍
商品CFD(貴金属、商品、エネルギー) 20倍
債券CFD 50倍

 

しかしXMではCFDにおいても高いレバレッジが提供されています。

ただしFXにおいては888倍という高いレバレッジが提供されていますが、CFDは銘柄ごとにレバレッジが異なり大体100~200倍に設定されています。

それでも国内業者のレバレッジのおよそ10倍です。

これは必要証拠金が10分の1でよいということです!用意する資金が少なくてチャンスは多いというおいしいとこ取りができます。

代表的CFD銘柄 XMが提供するレバレッジ
日経225(JP225,JP225Cash) 200倍
ダウ(US30,US30Cash) 100倍
原油(OIL,OILMn) 66.7倍
貴金属(GOLD,Silver) 為替レバレッジに準拠

 

他海外FX業者よりもレバレッジ高い

国内業者と比較してXMのCFD取引は非常にレバレッジが高いですが、それは他の海外FX業者と比較しても高くなっています。

例えば日本で人気の他の海外FX業者、TitanFXやAxiory,tradeviewなどと日経225指数のCFDのレバレッジを比較してもXMが一番高くなっています。

下記記事で説明していますがXMは他海外FX業者よりも安全性・信頼性が高い業者です。信頼性高い上にレバレッジが高いとあってXM以外を選ぶ理由がありません。

海外FX業者 日経225CFDのレバレッジ
XM 200倍
LANDFX 200倍
Axiory 100倍
TitanFX 100倍
FXpro 50倍

 

あわせて読みたい
XMは安全なのか?第3者の評判とネガキャンの正体 この記事のざっくり解説: XMという会社の安全性を検証する XM運営会社の歴史や信頼性 XMを外部から評価...

 

万一ロスカットされても0カット

高いレバレッジはハイリスクであり、相場が大きく変動すれば口座資金以上の損失が出て追証になってしまうのが怖い・・・と感じる人もいます。

しかしXMをはじめ海外FX業者の多くは0カットシステムを導入しており、証拠金以上の損失が出たとしても口座資産0で調節される仕組みになっています。

加えてXMのロスカット水準は必要証拠金の20%

つまり証拠金が無くなるギリギリまで勝負が可能です。

これにより、XMは少ない資産で大きな利益を狙うハイレバレッジ勝負に非常に適しているのです。

主にハイレバレッジ勝負は為替FXで行われることが多いのですが、実は為替よりも圧倒的にボラティリティが高く一方的に動きやすい株価指数CFDや商品CFDで勝負をしたほうが格段にチャンスが大きくなります。

最強ハイレバレッジ勝負

『ハイレバレッジ』×『0カット』×『CFDのボラティリティ』

 

少額資金で配当金を狙える

個別株CFDや株価指数CFDなどは権利確定日にCFD銘柄を保有していれば配当金がもらえます。

特にXMでは高いレバレッジをかけられるので少額の証拠金を用意するだけで、数十倍、100倍の金額を取引することで大きな配当金を狙えます。

配当金が支払われる日は理論上配当金の分下落するのが通常ですが、相場状況(※)によっては下落が小さいことが予想できるときもあります。

※条件は限られますが、権利確定日以前に相場が大幅に下落し反発が始まって2日目などは自律反発の力で配当下げが相殺されるケースなどが存在します。チャンスです。

その瞬間を狙って証拠金以上の配当金を狙う手法も狙うことができるのです。

 

ボーナス制度が豪華である

XMはボーナス制度が非常に優秀である業者として知られています。

口座開設だけで3,000円相当がプレゼントされ、さらに入金額が合計230万円になるまで入金ボーナスが付与されます。

さらに取引ごとにXMPと呼ばれるポイントが付与され、一定額まで貯ればクレジットや現金に交換することが可能なロイヤリティプログラムも用意されています。

日本国内業者にはこのような入金や取引ごとにお得になる制度はほとんど提供されておらず、ましてやCFDが対象になっているところなどありません。

  • 口座開設ボーナス:口座開設で3000円プレゼント
  • 100%入金ボーナス:入金額5万円まで100%支給
  • 20%入金ボーナス:入金合計230万円まで入金額の20%支給
  • 取引するごとにXMPが貯まるロイヤリティプログラム
あわせて読みたい
XMのボーナス最新まとめ!付与条件と消滅(リセット)条件 この記事のざっくり解説: XMの口座開設・入金ボーナスの解説 2段階の入金ボーナスの計算方法 口座開設・入...

 

おくお
おくお
やはりXMはCFDにおいてもハイレバレッジ勝負をするのに最適な環境を用意してくれていますね。

 

XMでCFD取引をする際の注意点

上記まではメリットを紹介してきましたが、もちろんXMでCFD取引をする際の注意点もあります。

 

FXとは取引時間が異なる

FXは取引対象が為替ですので土日を除く24時間取引が可能になっています。

これに対してCFDは銘柄ごとに取引時間が定められており、日経225やダウ指数CFDのようなほぼ24時間通して取引可能な銘柄もあれば、マイナー市場の株価指数など取引時間が限られている銘柄も存在します。

それぞれ個別に異なるため事前にXM公式のCFD情報ページで確認をしておく必要があります。

例:株価指数CFDの確認方法

  1. XM公式サイトの上部メニュー『取引』をクリック
  2. メニューにある『取扱商品>株価指数』をクリック
  3. 『取引時間』のタブをクリック
  4. 該当のCFDの『平日』タブより取引時間を確認

 

よく取引されるCFD銘柄の取引時間(日本時間)

CFD銘柄 冬時間 夏時間
日経225(JP225) 平日
07:05-05:15,05:30-05:55
メンテ
05:15-05:30,05:55-07:05
平日
06:05-04:15,04:30-04:55
メンテ
04:15-04:30,04:55-06:05
ダウ(US30)
原油(OIL) 平日
07:05-05:55
メンテ
05:55-07:05
平日
06:05-04:55
メンテ
04:55-06:05

 

スワップ金利は支払う側

FXではその通貨ペア同士の政策金利の高いほうを買っているポジションであれば毎日スワップ金利が受け取れました。

しかしCFDにおいては買いでも売りでもスワップ金利がマイナスになってしまいます。

支払う側なのでスイングトレードのようにじっくりとポジションを持っている手法を取るとマイナススワップがどんどん貯まっていきますので、其のコストは馬鹿になりません。

 

CFDスワップ金利の確認方法

参考:CFDスワップ金利の確認方法

  1. XM公式サイトの該当CFD銘柄より『詳細を読む』をクリック
  2. 証拠金通貨での買いスワップ値:『買いスワップ』
  3. 証拠金通貨での売りスワップ値:『売りスワップ』
  4. JP225Cashでは両方マイナスであることが確認できる

 

MT4でCFDスワップ金利の確認方法

参考:MT4で確認する場合

  1. 該当CFD銘柄を右クリックし『仕様』を選択
    ※MT5の場合は『銘柄』
  2. CFDの詳細情報一覧から
    『買いスワップ』
    『売りスワップ』
    これらの項目よりスワップを確認

 

現物と先物におけるスワップの違い

ちなみにCFD銘柄のうち、株価指数は現物と先物でスワップのあるなしが変わります。

現物CFDを持ち越すと毎日マイナススワップが付く一方、先物CFDでは持ち越してもスワップは付きません。

また現物と先物には他にも違いがあります。

現物と先物の違い
  • 現物は取引期限がない、先物は期限がある
  • 現物はスプレッドが狭い、先物は広い
  • 現物は(買いなら)配当金が貰える、先物はもらえない
  • 現物はマイナススワップ、先物はスワップはない

XMのCFDにおける現物CFDと先物CFDの違いをまとめ、どちらのほうがトレードに向いているかを解説した記事は下記を参照してください。

あわせて読みたい
XMの株価指数CFD現物と先物の違い、どちらが良いのか この記事のざっくり解説: XMCFDには現物と先物がある 現物CFDと先物CFDの違いを比較 現物CFDと...

 

必要証拠金の計算が面倒

XMでは口座毎に888倍のレバレッジまでを選択できますが、CFD銘柄においては個別にレバレッジが決まっており口座のレバレッジの設定を受けません。

またその計算方法も少々厄介であり、はじめは混乱するかもしれません。

具体的な計算方法は次のとおりになります。

証拠金計算方法

CFDの必要証拠金:

『ロット数』×『コントラクトサイズ』×『オープン価格』×『証拠金率』

参照:https://www.xmtrading.com/jp/faq

『コントラクトサイズ』とか『オープン価格』とか聞き慣れない用語が出てきて理解しにくくなっています。

そういった難解な用語説明も踏まえてCFDの必要証拠金の計算方法、日経225やダウCFDなどの取引数の多い銘柄の具体的な証拠金などはコチラの記事で解説しています。

あわせて読みたい
XM CFD銘柄の必要証拠金計算方法を用語解説も踏まえて説明しますこの記事のざっくり解説: XMのCFD必要証拠金の計算式 計算式にある難しい用語の解説 具体的にどこを見ればわかる...

 

仮想通貨CFDは土日は取引できない

XMではビットコインやイーサリウムなどの仮想通貨のCFDも取引することができます。ですが正直いって仮想通貨CFDの取引環境はよくありません。

まずスプレッドが酷くてコスト負けしますし、保有していると買いでも売りでもマイナススワップになってしまいます。

さらに極めつけは土日は取引時間外になってしまうことです。

ご存知のように仮想通貨市場は決まった取引場所があるわけではないため、1年を通して休場といえる時間がなく24時間365日動き続けています。

しかしXMでは土日に取引ができないため、土日に暴騰や暴落したとしても決済すらすることができません。

幸いXMでは0カットシステムがあるため、損失が拡大する方向に動きまくったとしても証拠金以上の損失は受けませんが、取引環境が良くないのは明白です。

仮想通貨CFDは土日に取引時間外

新規建も決済もできない

 

CFDごとに『1lot』の金額が違う

CFDは商品ごとに通貨が異なっており、USD建ての商品もあればJPY建ての商品もあります。USDとEURであれば其の差は1~2倍におさまりますが、USDとJPYは100倍以上の差があります。

これが悪い影響を及ぼす点があります。

日経225CFDである『JP225』とダウCFDである『US30』は通貨が違うために、通常の1lotの取引金額が100倍以上異なってしまうのです。

例えば日経225の『JP225Cash』とダウの『US30Cash』をそれぞれ1lot取引したとします。

  • 『JP225Cash』の1lot取引金額は約2万円
  • 『US30Cash』の1lot取引金額は約200万円

100倍の差があるのです!

これを知らずしてとんでもないポジションを取ってしまい、大きなスプレッド損を出してしまうケースが跡を絶ちません。

本当に気をつけて欲しい点です!

あわせて読みたい
XM口座で日経やダウの1ロットの取引量と証拠金3つのタイプで1枚の取引量が違う! XMではトレーダーの資産状況や取引量に合わせて口座の種類を3つに分けています。 それぞれ...

 

まとめ:XMのCFD取引は勝負に最適

以上のようにXMはCFDのメリットである株価指数・商品のボラティリティをレバレッジと0カットで最大限に活かせる環境を用意してくれています。

特にダウや原油などは一度動き始めると一方通行と思えるほど同じ方向に動きやすいため、全力ポジションを建てても結構勝てる事が多いのです。

為替だとどうしてもレンジ相場やノイズが酷いためにハイレバで狩られてしまうケースもお多いですが、トレンドがでた株価・商品CFDは狙い目です。

とは言え、取引時間が異なったり、必要証拠金の計算方法がFXと違ったり、マイナススワップが付いたりと注意点も多く、FXよりも『慣れ』が必要なトレード方法なのは確かです。

マイクロ口座のつもりでスタンダード口座を利用していると、ロット数は同じでも100倍のトレードをしてしまうことになります。

XMは0カットで再度やり直すことが容易なので、1万円、あるいはもっと低い額を入金して何度かハイレバレッジ勝負のテストをやってみるべきでしょう。

 

CFD取引のまとめ

CFD取引の概要

  • 日経・ダウ・原油など取引商品が幅広い
  • レバレッジをかけて少額資金で取引可能
  • 本来の取引時間以外にも取引可能
  • 買い/売り両方から狙える
  • 保有すれば配当金をもらえる

XMでCFDをやるメリット

  1. 取扱銘柄が多い(46種類)
  2. FXもCFDも全部1つの口座で取引可能
  3. 日経200倍、ダウ100倍とハイレバレッジ
  4. CFDでも0カットシステムで追証にならない
  5. 配当金を狙う手法などもある
  6. ボーナスやロイヤリティプログラムの恩恵がある

CFDの注意点

  1. 銘柄ごとに取引可能時間が異なる
  2. 銘柄ごとに必要証拠金も異なる
  3. 銘柄ごとに『1lot』の取引金額も異なる
  4. 仮想通貨CFDは使いにくい

 

 

ABOUT ME
アバター
おくお
XMを利用していて億万長者になっています。現在も利益を狙っての生活を続けています。安定して勝ち続けるにはXM利用が一番!それが私の経験から出た結論です。
海外FX会社選びでXMが一番良いわけ

XMは海外FX会社でダントツの人気No1!

XMPや入金ボーナスも豪華です >>ボーナス情報

XMは少額資金で大きな利益を狙えるトレードをするのに最適な海外FX会社です。

たくさんのハイレバトレーダーがXMを利用しています。

詳細ページ公式ページ