今、XM口座開設で3000円 

XMマイクロ口座の解説「500円が69000円に」

500円でFXできます

FXは、500円もあれば、始められます。

500円なら、小学生のお小遣いでもできますね。

ただし、それは、XM社のマイクロ口座を利用したときの話。

国内業者を利用した場合は、ドル円だと、最低でも4,300円はかかってしまいます。

この4,300円は、必要証拠金ぴったりの金額なので、0.1pipsでも逆の方向に動いたら、強制ロスカットされてしまいます。

維持証拠金も多少の余裕をみると、実質的には5,000円は必要でしょう。

「5000円FX」が実行可能な必要金額になりますね。

 

XMマイクロ口座の詳細

XMにはマイクロ、スタンダード、Zeroの3タイプの口座があります。

各々の比較表はこちらです。

マイクロ口座の特徴は大きく2つですね。

  • レバレッジ888倍が使える
  • 取引ロット数が小さい(0.1枚=1000通貨単位)
マイクロ スタンダード Zero
100マイクロ=1スタンダード
最大レバレッジ 888倍 888倍 500倍
1ロット 0.1枚 10枚 10枚
最大取引量(ロット) 100ロット 50ロット 50ロット
(枚数) 10枚 500枚 500枚
1枚賭けるには 10ロット 0.1ロット 0.1ロット
最小取引量(ロット) 0.01ロット 0.01ロット 0.01ロット
(枚数) 0.001枚 0.1枚 0.1枚
最大保有可能数 200ポジション 200ポジション 200ポジション

3タイプの口座のさらなる詳しい比較や、注意点はこちらの記事です。

あわせて読みたい
XM口座タイプの比較表(マイクロ、スタンダート、ZERO)XMでは3つの口座種類が用意されている XMではトレーダーの資産状況や取引量に合わせて口座の種類を3つに分けています。 それ...

5000円でどんなFXができるか?

日本国内のFX会社はレバレッジ25倍に制限されています。一方XMのマイクロ口座を使えばレバレッジは888倍と雲泥の差です。

さて、5000円をここに用意します。

その際の比較を下記に書き出してみます。

  ヒロセ通商に
5,000円入金した場合
XM マイクロ口座に
500円入金した場合
ドル円の最小取引単位 0.1枚(1,000通貨単位) 0.01枚(100通貨単位)
レバレッジ 25倍 888倍
ドル円の必要証拠金 4,300円(0.1枚のとき) 11円(0.01枚のとき)
ボーナス なし 250円
フリー金額 700円 739円
フリー金額のpips換算 70pips 739pips
ゼロカット なし あり

 

ヒロセ通商では余裕なし

「ヒロセ通商に5,000円入金した場合」は、フリー金額は700円しかないので、70pipsしか余裕がありません。

ドル円なら、たとえば、107.00→107.70円のように、70銭逆の方向にいってしまったら、ロスカットになります。

ヒロセはスリッページがひどいので証拠金4300円が残ることはほぼなく、不利なレートで決済されるので4000円を割り込んでロスカットが完了するでしょう。

 

XMでは700pips以上の余裕あり

「XM マイクロ口座に500円入金した場合」は、入金額の50%がボーナスとしてもらえる上、レバレッジが888倍と非常に高いので、証拠金が少なくてすみます。

500円入金したときのフリー金額は、なんと739pips。ドル円なら、107.00→114.39円までの値動きですから、仮に負けまくったとしても、相当長い間、チャレンジできます。

後述の裏技を使えば、最小取引単位を0.001枚(10通貨単位)まで減らせますから、最大約7,300pipsの余裕となります。

ドル円なら、107.00→180.00円の値動きです。全部溶かすのは、逆に大変でしょう。

なお、ゼロカットとは、急激な相場変動により、証拠金に欠損が生じた場合、本来はユーザー側が負わなければならない債務が免除されることです。

スイスフランショック級のショックが再来した場合には、ありうることですが、XM社の場合は、ゼロカットがあるので、万が一のときも安心ですね。

 

たかが500円、されど500円

無料メルマガ『斉藤学のFX為替相場予想』で有名な斉藤学氏は、独自の手法を使って、半年で「50万円を6900万円に増やした」そうです。

その伝でいけば、半年で「500円を6万9000円に増やす」こともできる計算です。

また、ブログ『普通の主婦ゆきママがFXと株をシストレで攻略するブログ』のゆきママ氏も、FXで「10万円を300万円に」増やしました。

6万9000円といったら、ちょっとした小旅行が可能ですから、ぜひ挑戦してみたいところです。

斉藤学氏とゆきママ氏については、『FX有料メルマガ 格付けレビュー』に詳しく書きましたので、ご参照下さい。

低額取引のデメリットは?

『ワンコインFX』は、ローリスクな分、ローリターンなことです。当たり前ですが。

特に、スイングのような放置系トレードでなく、ワンコインでデイトレを行った場合、低額取引にも関わらず、エントリーチャンスをうかがったり、相場の急変がないかチェックするため、一日中相場が気になります。

その結果が、1日の利益が50円だったら、本業に精力を傾注した方が、はるかによいでしょう。

あくまで将来高額取引をするため練習と割り切るか、毎日時間を決めてスキャルピングにトレードスタイルを変更して下さい。

また、1日の利益が50円では、月々の有料メルマガを購読することもできません。指南役なしでのトレードは、コンパスなしで砂漠をさまようようなもので、FX初心者にとっては、とてもきついところです。

現在は、SNSやブログの発達により、有料メルマガに遜色のない有益な情報を配信してくれる人が複数いますので、ぜひ有効に活用して下さい。詳しくは、『FX有料メルマガ 格付けレビュー』をご参照下さい。

XM マイクロ口座で「最小取引単位を0.001枚(10通貨単位)にする」裏技

MT4/MT5の発注画面を見てみて下さい。

デフォルトでは、数量が「0.10ロット」になっています。これを「0.09ロット」以下に下げようとしても、下げられません。つまり、0.10ロット未満では発注できないのです。

一方、既存のポジションの決済は、0.01ロット単位できます。

そこで、「0.10ロット」分のポジションを建てて、即座に「0.09ロット」決済されば、実質的に「0.01ロット」のポジションを建てたことになります。

スプレッド分が蒸発してしまうのがもったいないですし、0.01枚で取引量は十分しぼれていると思うので、個人的にはあまりお勧めしませんが、たとえば、何らかの手法をテストしてみたいようなときには、知っておいても損はないテクニックだと思います。

レッツ・チャレンジ!

FXはハイリスクハイリターンです。勝負をすれば必ず負けることもあります。

大切なのは勝つときは大きく勝ち、負けるときはとにかく損害を小さく抑えることです。

その点XMではハイレバレッジのおかげで少額の資金からチャレンジができ、ゼロカット制度によって万一負けても借金を背負うことはありません。

チャレンジをする環境が整っているのです。

一部マスコミの過剰な報道により、危険なイメージもあるFXですが、それは歪んだ偏見です。大金を賭ければ、パチンコや競馬、賭け麻雀も、同じことです。

逆に、ワンコインFXは、すべてを失っても500円。余裕持って5000円。

XMのマイクロ口座を利用して、ぜひ一度、気軽にFXの世界に触れてみてください。

ABOUT ME
アバター
おくお
XMを利用していて億万長者になっています。現在も利益を狙っての生活を続けています。安定して勝ち続けるにはXM利用が一番!それが私の経験から出た結論です。
海外FX会社選びでXMが一番良いわけ

XMは海外FX会社でダントツの人気No1!

XMPや入金ボーナスも豪華です >>ボーナス情報

XMは少額資金で大きな利益を狙えるトレードをするのに最適な海外FX会社です。

たくさんのハイレバトレーダーがXMを利用しています。

詳細ページ公式ページ