今、XM口座開設で3000円 
EA(自動売買)

XM MT4に使うEAを選ぶ決め手

MT4で自動売買をやりたいなら、EAという自動売買プログラムを組み込む必要があります。

いきなりプログラム!?と思いますが、高度なプログラムすることに自信のある人以外にも使えるようにプログラムをパックしたEAというものが用意されています。

EAについて知る

EAとは、『Expert Advisors』の略で、MT4/5上で動作する「自動トレードソフト」の総称のことをいいます。

MT4/5以外のプラットフォームで動作する「自動トレードソフト」についても「EA」と呼ばれたり、類似の概念として「システムトレード」や「ミラートレード」といった用語があることから、混乱を招きやすくなっています。

基本的にはMT4にプログラムとして組み込んで自動トレードソフトを行うものをここではEAと指しています。

EAとは、『Expert Advisors』の略

MT4/5上で動作する「自動トレードソフト」を指す

 

EAには無料と有料のものがある

このEAは独力で作ることもできるため有志の人が無料で公開しているものもあれば、有料で業者が販売しているものもあります。

前者は無料EA、後者は有料EAです。

ここですぐ思いつくのは「有料EAのほうがお金を払うぶん、きちんと結果が出る」という考え方です。

実際有料EAには ”過去において” 優秀な結果を出してきたものもありますが、未来の利益を保証するものは1つとしてありませんし、今まで常勝していたのが買った途端に常敗するクソEAに変わってしまうことがあります

そういったクソEAを掴まされないようにEAの分類についてここで学んでおきましょう。

有料EAは必ずしも優れているとは言えない。

過去の勝利は未来を保証するものではない。

買った途端に負けるクソEAも存在する。

 

本稿では、EAの魅力を解き明かすため、まずは周辺概念の整理から行っていきたいと思います。

EAのマッピングを知ろう

裁量トレード ⇔ システムトレード

横軸から検討します。

システムトレードとは

システムトレードとは、「誰が実行しても必ず同じになるルール」(数値化された厳密なルール)を決めて、そのルール通りにトレードすることを言います。

たとえば、「日足の前日高値を上回ったら買いエントリー」などは、一番簡単な例です。

このとき、ルールの条件を満たせば、必ずエントリーを行い、ルールの条件を満たさない限り、絶対にエントリーを行いません。

 

裁量トレード

一方、裁量トレードとは、そもそも「数値化された厳密なルール」がないか、あっても、必ずしも守らないようなトレードのことをいいます。

たとえば、「日足の前日高値を上回ったから」買いエントリーするのがルール通りなんだけど、上昇に勢いがないから、今回は見送るとか、逆に、「日足の前日高値をまだ上回っていないけれど」、上昇に勢いがあるからエントリーする、みたいなトレードの仕方のことです。

システムトレードのつもりでも、ほんの少しでもルール違反があれば、それは裁量トレードです。

上記の定義から、裁量トレードとシステムトレードには、下記のような相違が生じます。

 

システムトレードと裁量トレードの比較

裁量トレード システムトレード
勘やコツといった
不明確なもの
数式により決められた
確定的なもの
主観的 客観的
手動 自動
要監視 ほったらかし
ヒューリスティクス アルゴリズム
情緒的経営人 合理的経済人

上の表で特に重要なのは、

  • ①数式化されているから ⇒ ③自動化が可能
  • ④ほったらかしでいいから ⇒ ③自動化したい
  • ⑥合理的経済人のようなトレードができるから ⇒ ③自動化したい

の、3つの「流れ」です。

一口に「自動売買」といっても、色んな理由・別々の方面から「自動化」に至ったという面があるのです。

数式化できるから自動化した

1つ目の流れは、一般に「システムトレード=自動トレード」のように認識されていますが、数式化されていることは、自動化するための【条件】です。

ほったらかしにしたいから自動化した

そして2つ目と3つ目の流れは、ほったらかしでいいから自動化したいわけですし、合理的経済人のようなトレードができるから自動化したい、という、自動化の【ニーズ】です。

「合理的経済人」とは、簡単にいえば、デューク東郷(ゴルゴ13)のような冷静さでトレードを行える人間のことです。「利小損大」となってしまうのは、「非情」になりきれない、人間の心の弱さゆえです。

自動化によって、「メンタルの弱さを克服」するわけです。

利小損大については、『行動経済学』とくに『プロスペクト理論』と呼ばれる分野で、学術的な研究がなされています。

他力本願 ⇔ 自力本願

縦軸について検討します。

EAというのはプログラムですので「作る人」がいます。これが自分の場合は「自作EA」となります。一方、他の人に作ってもらえば「他作EA」です。

プログラムを自分で書くEA自作本願

もともとEAの世界は、『EA自作派』が主流でした。

ストラテジーを考え、自動トレードのプログラミングまで自分で行うわけですから、完全なDIY(Do It Yourself)な世界です。

EAに使用されるプログラム言語は、MQL4/5という独自の言語でC言語に似ているといわれています。自動トレードプログラムの作成は、日曜大工的な楽しさがあり、病みつきな面白もあり、有名トレーダーにはSEやプログラマ出身が多いのはこのためです。

この人たちは自分で作るために、時間や労力、コストがかかります。一方で自分で作ったために問題点も認識しやすく、自力での改善も可能です。そして負けてしまった場合も自分の責任と認めやすい傾向があります。

他人に作ってもらうEA外注派

その対極なのが『EA外注派』です。自分でEAのプログラミングができない人たちが、ソフト開発会社に、自動トレードプログラムの作成を依頼したのです。

今から20年ほど前、数千万円もかけてEAを作成した、という昔話を、トレード仲間からよく聞きます。FX黎明期には、それだけ夢があったということです。現在は、ベトナムやインド等へのオフショアにより、数十万円ですむようになりました。実に100分の1のコストです。

お金さえ払えば高性能なEAを簡単に手に入れられる反面、全然利益の出ないEAだと払い損になってしまいますし、負けたときの怒りがどうしようもない点もあります。

この方たちにお金を払うことでプログラムが全くできない人でもEAを使って自動売買をすることができるようになっています。

そして、『EA自作派』や『EA外注派』の中から、ソフトを売り出す者が現れました。『市販EAの誕生です。

市販EAをそのまま使う人、改造する人

市販されたEAを買う人はプログラムができない人ばかりではありません。

中には自分で作れる人も、他者がどのようなロジックを使っているのか、また独自理論を乗っけたい場合、単に他者のEAを否定したい場合などの理由から、購入した上でカスタマイズする人もいます。

市販EAをカスタマイズして使うのが『市販EAカスタマイズ派』、市販EAをカスタマイズせずにそのまま使うのが『市販EAノンカスタマイズ派』です。

EAのカスタマイズは意外と簡単

次回以降に詳しく紹介しますが、実は、EAは、プログラムのパラメータ(変数)を、ユーザーが自由かつ容易に変更できるのです。

たとえば、ルールの「移動平均線からの乖離率」を10%から8%に変更するなどです。前者の『市販EAカスタマイズ派』は、このようなカスタマイズを行います。

0からすべてのプログラムを作り上げるのは非常に難しくスキルも必要ですが、設定された数値を少し変えて結果を見てみる・・・ようなことはプログラムが殆どできない人でも簡単に試すことができます。

以上、『EA自作派』『EA外注派』『市販EAカスタマイズ派』『市販EAノンカスタマイズ派』が、EA利用者のすべてのタイプになるのですが、共通の問題点があります。

EAのカスタマイズは意外とできる

自作とカスタマイズには必要とされるスキルに雲泥の差

MT4でEAを使うには、”常時PCを起動させ続ける” 必要

EA共通の問題点。

それは、EAは、「常時パソコンの電源をつけて、ソフトを起ち上げた状態でないと、動作しない」ことです。

EAをMT4に組み込んだら、寝ても出ていても稼いでくれる・・・そんな都合のよい話はありません。

EAで自動売買をさせるには、常時MT4が起動して通信を行える状態を保っていなければならないのです。

具体的に言えば「PCを年中24時間365日つけっぱなし・ネットも繋げっぱなし」この状態が必要です。

ただいくつかの解決策もあります。

自前で自動売買をやるには

PCを24時間週5日稼働が大前提(土日は除く)

ミラートレードやVPSの解決策もあり

解決策:ミラートレード

この悩みから解放してくれたのが、FX会社の提供する『ミラートレード』(通称:シストレ)です。

システムトレードの略称になっていますが、両者は異なる概念です。あえていえば、システムトレードの一種がシストレ、ということになります。

『ミラートレード』では、FX業者の用意したストラテジーから、自分に合ったものを選ぶだけですみます。MT4/5やEAを使用する必要はありません。

選べるストラテジーは、業者によって、数種類から数千種(!)ですから、トレードルールをカスタマイズする気のまったくない人は、『ミラートレード』を選択するのも手でしょう。

『ミラートレード』では、トレードルールのパラメータの変更はできません、お寿司屋さんで言えば、「完全おまかせ」ということになります。

ミラートレードは自分のPCを稼働させずに済む

売買やメンテはすべてFX会社

その代わり一度設定されたものを変更できない

FX会社提供の商品に「完全おまかせ」

解決策:VPS

前述の「MT4/5でFX自動トレードを行うには、インターネットに常時接続し、24時間稼働させているPCが必要」、という問題を解決してくえるのが、VPSです。

VPSは、Virtual Private Serverの略で、仮想デスクトップサービスのことです。

クラウド上にあなたのための、24時間営業の仮想デスクトップを構築してくれます。

セキュリティ上のメリットも大きいですし、何より外出先・旅行先からも操作可能なのが、本当にありがたいです。

お薦めの国内VPS: お名前.com ・・・カンタンなので、実際にやってみよう!

MT4でEA自動売買を行っている人の多くは、このVPSを使っています。

VPSは年間数万円の利用料がかかりますが、その中に稼働させるPCの電気料金や通信量などはすべて含まれています。

実際に自分のPCでEAを動かしていると、電気代・プロパイダ代金の年間費用でほぼその金額を上回ってしまいます。

数年経過すればPCの買い替えコストもありますし、VPSのほうがコストパフォーマンスはよいです。

 FXブローカーでも許可・拒否あり

EAを利用するには当然FXブローカーに口座を開設し、そこで開いた口座の中で自動売買を行うことになります。

実はEAによっては高速売買を行うことで、FXブローカーのサーバーに多大な負荷を与えてしまうものもあります。

これを嫌がるところもあり、ブローカーによってはEAお断りのところもあります。

FXブローカーの選択にあたっては、EAは「MT4/5上で動作する自動トレードソフト」のことですから、MT4/5をプラットフォームとして採用していることが必須となります。

XMはEA稼働OK

その点、平常時はスプレッドが若干広いものの、相場急変時のスプレッドの拡大が小さく、各種ボーナスの存在によって、システムトレードの生命線である有効証拠金が大きくなる『XM社』は、最有力候補といえるでしょう。

XMはEA稼働 OK!

デモ口座でもEA稼働可能ですよ。

あわせて読みたい
XMデモ・リアル口座ログインとMT4・5ダウンロードXMデモ・リアル口座を開設手続きを完了し、XM公式サイトからMT4又はMT5をダウンロード、インストールし、ログインすることができます。...

EAを始めるに当たって

地雷EA(勝てないEA、急に負けるEA、ヤバイEA)の避け方

あわせて読みたい
地雷EA(ヤバイEA)の避け方をまとめます市販のEAを利用する場合、将来キャッシュフローのすべてを、どこかの誰かがつくったEAに託すわけですから、EAの選択は決定的に重要となりま...
ABOUT ME
アバター
おくお
XMを利用していて億万長者になっています。現在も利益を狙っての生活を続けています。安定して勝ち続けるにはXM利用が一番!それが私の経験から出た結論です。
海外FX会社選びでXMが一番良いわけ

XMは海外FX会社でダントツの人気No1!

XMPや入金ボーナスも豪華です >>ボーナス情報

XMは少額資金で大きな利益を狙えるトレードをするのに最適な海外FX会社です。

たくさんのハイレバトレーダーがXMを利用しています。

詳細ページ公式ページ