今、XM口座開設で3000円 
XMでCFD取引

XMで原油(OIL)取引する方法【必要証拠金と注意点】

この記事のざっくり解説:

  • XMで原油はレバ66.6倍で取引可能
  • 原油CFDの取引時間
  • 2種類ある?OIL、OILMnの違い
  • 原油1ロットの必要証拠金
  • XMで原油CFDを取引する方法

XMでは為替以外にも株価指数や商品先物CFDを高いレバレッジと狭いスプレッドで取引できる環境が整っています。

そしてボラティリティが高いと言われる原油を非常に狭いスプレッドで取引できます。

この記事ではXMが提供する原油CFDの説明と、その具体的な方法、さらには注意点について解説しています。

おくお
おくお
XMではレバレッジ66.6倍で原油を取引できるので国内業者より大きな利益を上げるチャンスがあります。

ちなみに日経225CFDについてはコチラの記事で。

あわせて読みたい
XMで日経225CFD(JP225)を取引する知識と具体的方法 この記事のざっくり解説: XMは225をレバ200倍で取引可能 現物JP225Cash、先物JP225の違い ...

 

XMで取引できる原油CFD

原油を始めとしたCFDはFXと比べてレバレッジや取引時間が異なります。

 

原油CFDは商品先物より良い

原油の値動きで利益を得ようと思うと商品先物が思いつきますが、XMでは原油先物のCFDを取引できます。

CFDとは一定の証拠金を預けることでレバレッジをかけて指数を取引する差金決済です。

商品先物よりもレバレッジが高く、取引時間がほぼ24時間で、かつ手軽にトレードができるとあって投資初心者にも原油トレードができるようになっています。

原油CFDのメリット:

  • 高いレバレッジ
  • 狭いスプレッド
  • 取引時間がほぼ24時間
  • 口座開設だけで手軽にトレード
おくお
おくお
ついでに言うなら国内の商品先物業者は詐欺行為をやりまくっている悪質業者ばかりなので、全く信用できませんね。

 

トレード対象としての原油

原油はガソリンなどの燃料になるだけでなく、精製してプラスチックや合成ゴムなどの石油化学製品の材料にもなるなど現代生活に必須の資源です。

そのため常に世界中で取引がされており値動きがあります。

これだけでも値動きが大きな要因になるのですが、原油にはもう1つ大きな要因が存在します。

それは政治的要因です。

原油は生産国が少なくアメリカ・ロシア・アラブ諸国など一部の国が独占しており、その国々によって生産がコントロールされています。

それらの国は原油の生産を時に政治的なカードとして利用します

シェール革命に成功したアメリカは原油価格を下げようとします。

価格が下がると困るアラブ諸国は増産せずに価格を高止まりさせようとします。

本来は価格を高止まりさせたいロシアも、外貨がほしいのでアラブ諸国を尻目に増産してしまったりします。

各国の利害が入り混じり増産や減産が政治的に決められてしまうことで、急激な需給の変動が起こり、結果値動きが非常に大きくなるのです。

このように原油は非常にボラティリティが高い銘柄であり、その変動を上手に取れれば大きな利益を上げることができます。

 

おくお
おくお
ボラが大きいというのはハイリスクでもあります。ただ大きな利益を得るには大きな勝負が必要です。
おくお
おくお
原油はその勝負に最適なハイボラティリティを備えていますね

 

XMの原油CFDのシンボル

XMは海外業者のため原油先物という日本語名ではなく、『OIL』という名前の銘柄でCFDを提供しています。

またXMでは通常の原油CFD以外にも、取引単位が小さい原油ミニ『OILMn』も取り扱っています。

原油ミニはスプレッドやレバレッジなどは同じですが、原油CFDの10分の1の取引サイズです。

  • 原油CFD: OIL
  • 原油ミニCFD: OILMn
  • 2つはほぼ同じだが、取引サイズのみが異なる

2種類の原油CFDを自分の用途別に使い分けられるのが特徴です。

 

原油CFDの取引時間

FXの場合は土日を除く24時間取引可能ですが、CFDの場合は取引時間が予め決められています

OIL、OILMnどちらも取引時間は同じです。

早朝などは短期間にせよ取引不可能な時間帯があることを覚えておきましょう

CFD銘柄 冬時間(標準+7) 夏時間(標準+6)
日経225
(JP225)
平日
08:05-06:15,
06:30-06:55

メンテ
06:15-06:30,
06:55-08:05
平日
07:05-05:15,
05:30-05:55

メンテ
05:15-05:30,
05:55-07:05
ダウ
(US30)
原油
(OIL)
平日
08:05-06:55
金曜

08:05-06:10
メンテ
06:55-08:05
平日
07:05-05:55
金曜
07:05-05:10

メンテ
05:55-07:05

 

原油CFDには隔月がある

XMが提供する『OIL』『OILMn』は正式には原油先物CFDになります。

そのため1ヶ月間の取引期限が設定されています。

1ヶ月の期限を迎えた先物を保有していると、満期になってポジションが強制決済されてしまいます。注意しましょう。

取引期限はXM公式サイトのCFD銘柄:エネルギーページ中段のタブ『カレンダー』に記載されています。

(クリックすると画像が拡大します)

図のようにOILは毎月期限が来ており
15-20日の中旬に満期になっています

おくお
おくお
月の中頃には満期に注意して、なるべく持ち越しをするのを止めておきましょう。

 

原油CFDを取引する前に知るべき知識

トレードする前に原油の1lotの取引金額や必要証拠金を知っておきましょう。

 

原油CFDのレバレッジは66.6倍

XMでは口座ごとに1~888倍のレバレッジ設定ができますがCFDは銘柄ごとに個別のレバレッジが設定されています

そのため必要証拠金がFXとは別の計算になります。

原油CFDの証拠金率

原油CFDの証拠金率は1.5%
これはレバレッジ66.6倍です
※OIL,OILMn共通です

ちなみに国内業者であるDMM証券やGMOクリック証券で取引できる原油CFDは最大レバレッジが10倍までです。

XMとは6倍以上の差がありますね。

 

原油の1ロット必要証拠金の計算

次は原油CFD1ロットの具体的な証拠金を例をとって計算してみましょう。

上述のようにCFDはFXとは別のレバレッジが設定されており、計算式が異なります。

実際のCFDの必要証拠金は『ロット数』×『コントラクトサイズ』×『オープン価格』×『証拠金率』という計算式で求められます。

各用語の解説や、コントラクトサイズや必要証拠金をどこで参照するかはコチラの記事で解説しています。

あわせて読みたい
XM CFD銘柄の必要証拠金計算方法を用語解説も踏まえて説明しますこの記事のざっくり解説: XMのCFD必要証拠金の計算式 計算式にある難しい用語の解説 具体的にどこを見ればわかる...

この記事では具体的な数字を取得する方法だけ記述します。

注文画面にて『ロット数』『オープン価格(約定価格)』を取得

XM公式のCFD銘柄:エネルギーにて原油の『コントラクトサイズ』と『証拠金率』を取得。

※コントラクトサイズは取引サイズ

OILのコントラクトサイズ100Barrelsに対して、OILMnは10Barrelsと10分の1になっていることが確認できますね。

情報を再確認して計算します。

OILの必要証拠金(ドル換算)

『1』×『100』×『53.56USD』×『1.5%』=80.34USD

1ドル=110円とすると

80.34×110=8837.4円

 

OILMnの必要証拠金(ドル換算)

『1』×『10』×『53.56USD』×『1.5%』=8.034USD

1ドル=110円とすると

8.034×110=883.74円

このように算出できました。

  • OILを1ロット取引するには約9000円の証拠金
  • OILMnを1ロット取引するには900円の証拠金

 

XMでOILをトレードする方法

MT4/MT5を利用してトレードする方法を紹介します

 

OILをMT4に表示させる

MT4/MT5をインストール直後には『OIL』や『OILMn』は気配値表示に表示されていません。

そのため取引しやすいよう気配値表示に追加します。

OILを追加する方法(MT4):

  1. どこでもよいので気配値を右クリック
  2. メニュー『通貨ペア』を選択
  3. CFD Future を展開
  4. OIL、OILMnをダブルクリック
    /または『表示』をクリックする

①気配値表示のどこでもよいので右クリックします。

②表示されるメニューの中から『通貨ペア』項目をクリックします。

③通貨ペアリストが表示されます。

この一覧の中で「CFD Future」にOIL,OILMn両方あります。

銘柄を選択してダブルクリックするか、右の『表示』ボタンでMT4に追加されます。

 

OILをMT5に表示させる

MT5の場合もやり方は同じですが項目名が微妙に違います。

OILを追加する方法(MT5):

  1. どこでもよいので気配値を右クリック
  2. メニューから『銘柄』を選択します。
  3. 『CFD > Futures > Energies』のリストからOIL/OILMnを選択してダブルクリック

①気配値を右クリックするのは一緒です。

②MT4の場合は「通貨ペア」でしたが、MT5の場合は『銘柄』をクリックします。

③通貨ペアリストと同じ「銘柄」ウィンドウが出ます。

ここでOIL/OILMnは『CFD > Futures > Energies』のリストにあります。

OIL、OILMnを選択してダブルクリックするか、左下の『銘柄を表示』するをクリックするとMT5に銘柄が追加されます。

 

OILをトレードする

表示させたOIL,OILMnを右クリックすると『新規注文』ができるようになります。

『新規注文』をクリックすると「オーダー画面」になります。

各項目:

  1. カウントダウン(成行)か、指値注文を選べます
  2. ロット数です。OILは1lot以上が標準になります
  3. ストップ注文です。ex:52.00
  4. 利益確定注文です。ex:60.00
  5. 買い、売り、どちらかをクリックで成行注文が執行されます。

 

紫色でくくったのはOILのコントラクトサイズです。

OILMnはOILの10分の1になっていることが確認できますね。

 

OIL取引の注意点

OIL、OILMn 両方を併用取引している際にロット数に注意が必要です

絶対に確認し、覚えておきましょう!

 

両方しているとロット間違いしやすい

『OLIMn』は『OIL』の10分の1になり、取引サイズが小さく初心者には使いやすい銘柄となります。

しかし『OILMn』に慣れて取引ロットを増やしてきた頃に、間違えて『OIL』に大きなロットを入れて取引してしまう可能性があります。

 

取引サイズの違いをきちんと理解していないとOILMnを50lot取引しているつもりでOILを50lot取引してしまう間違いを引き起こしてしまいます。

XMのハイレバレッジでは少額の証拠金でポジションが立ってしまうのです。

 

おくお
おくお
XMはハイレバなので10倍くらいの間違いだと実際に注文が通ってしまうことが多いのです・・・

 

まとめ:原油CFDは取引銘柄を固定しよう

XMでは原油CFDをレバレッジ66.6倍で利用できる上に、スプレッドも狭いので大きな利益を狙えるチャンスが沢山あります。

特に原油はテクニカル要因よりも、政治的なファンダメンタル要因によって大きく上がったり暴落したりします。

原油関連イベントがある時は、原油にハイレバレッジをかけてひと勝負してみるのも大儲けの手段になりますね。

原油が大きく動くイベント:

  • 湾岸諸国の政治情勢
  • 湾岸諸国の戦争リスク
  • OPEC会議の動向
  • 影響の強い国の発言(ロシア、アメリカ、アラブ諸国)

注意点としては『OIL』と『OILMn』という取引サイズの異なる2銘柄があるため、両方を併用していると取引ロットの入れ間違いをしやすいことです。

これを防ぐためにも最初から取引する銘柄をどちらかに決めて、もう片方は表示させないようにするべきでしょう

しっかりと原油取扱に慣れて暴騰・暴落時にハイレバ勝負に利用しましょう

原油CFDトレードまとめ

原油CFDの特徴

  • 原油CFDはボラティリティが大きい
  • レバレッジ66.6倍でトレードできる
  • 「OIL」と「OILMn」がある
  • 「OILMn」は「OIL」の10分の1
  • 「OIL」1lot必要証拠金は約9000円
  • 「OILMn」1lot必要証拠金は約900円

原油CFDの注意点

  • 政治的要因の急変動に注意
  • 先物なので1ヶ月で満期になる
  • lot数間違いによる誤発注に注意

 

おくお
おくお
lot数入れ間違いに最大の注意を払いつつ、勝負をしましょう!
おくお
おくお
原油は株価指数以上に一方通行で動きやすいです!

 

ABOUT ME
アバター
おくお
XMを利用していて億万長者になっています。現在も利益を狙っての生活を続けています。安定して勝ち続けるにはXM利用が一番!それが私の経験から出た結論です。
海外FX会社選びでXMが一番良いわけ

XMは海外FX会社でダントツの人気No1!

XMPや入金ボーナスも豪華です >>ボーナス情報

XMは少額資金で大きな利益を狙えるトレードをするのに最適な海外FX会社です。

たくさんのハイレバトレーダーがXMを利用しています。

詳細ページ公式ページ